メットライフ生命全国代理店連合会

Story05 AEC大会入賞へ向けて

ビジネススクール参加が あったからこそ、自分を信じ努力を続け、入賞達成!

フィット保険サービス 牧野 美乃恵さん(京都支社)

ビジネススクール 12 期生の牧野さん。母の仕事を継ぐと決意したものの、二人の小さなお子さまの母でもあり、入賞までの道のりは険しいものでした。しかしスクールの仲間やトレーナーとの出会い、担当ASRやご家族のサポート、そして何よりも自分を信じ前向きに行動し、入賞達成!大会での必然の出会いがまた次の扉を開きます。

スクールの卒業式で決意表明
「仲間とAECで再会」を誓う!

1 年前(年度はじめ)はビジネススクールでの折り返し地 点。お客さまにご契約を少しずつはお預かりさせていただけるようにはなってきていましたが、来年か再来年には行けたらと思っていました。明確な目標になったのは、昨年6月のビジネススクール卒業式の決意表明。AECで会いましょう!とみんなの前で誓った時です。具体的に数値目標などは掲げませんでしたが、「とにかくAEC達成!!」の気持ちで毎日過ごしていました。

パーティー会場にあったサーフボードの上に立つ仲良しのビジネススクール同期達と。

諦めたらそこで終わり
自分を信じ前進あるのみ!

ビジネススクールの影響もあり、一人でも多くの人にお会いし、お話をすることを心がけることで、自然と数字がついてきた1年でした。子どもがまだ小さいということもあり、限られた時間で多くの人に会うこと、仕事をすることは、正直大変でした。しかし、できないと思えばそこで諦めてしまって終わってしまう。「できる!」と思えばなんでもできると自分を信じ、努力や勉強を怠らず、強い気持ちや行動力をもって仕事に臨みました。

ガーデンパーティーではフラダンスショーなどを見ながら食事を楽しみました。

数字を意識することからスタート
うまくいかないときは仲間からパワーを

6月のビジネススクール卒業時点では、まだAEC達成にはほど遠かったのですが、担当ASRがAECまでの数字をつねに知らせてくれたので、毎日毎月の行動も少しずつ変わり、数字に対して強く意識するようになりました。モチベーションが下がった時には、1年間一緒に勉強してきた全国にいる仲間と連絡をとり、パワーをもらっていました。みんなが頑張っていることが分かると、自分も頑張らなくては、とモチベーションも自然と上がります。

スクールの同期とハワイで再会!
必然の出会いが今年の活力に

「絶対にハワイに行く!」と多くの人の前で言ってしまっていたので、入賞が決まったときは、有言実行できたことにまずは安心しました。AEC大会では、全国にいるビジネススクールの同期たちに会えたうえに、多くの素晴らしい方々と出会うことができ、刺激やパワーをもらえて自分の活力になりました。「出会いは偶然ではなく必然である」と教わり、この会うべくして会った人たちとの出会いを大切にしたいと思いました。

今回ハワイで一番行きたかった場所!「ダイヤモンドヘッド」頂上から見た朝日。一生忘れられません。最高のパワーをもらえました!